裁縫

「ロックミシンなんて持ってない」という人必見!持ってなくても出来る端処理の方法7選

洋服を作ってみたいけど、ロックミシンなんて持ってないよ。ロックミシンを使わないで端を処理することってできるの?

洋服や小物作りにあると便利なロックミシンですが、結構お値段もするのでなかなか手が出しにくいですよね。

ロックミシンは、安くても3万円近くするものがほとんど。

「ロックミシンを使わずになんとか端処理をすることはできないかな」と悩む人も多いのではないでしょうか。

結論を言うと

ロックミシンを使わなくても端処理をすることはできます。

その方法は、

  1. ジグザグ縫い
  2. 袋縫いをする
  3. 縫い代を割って折り込む
  4. ピンキングばさみでカット
  5. 裾上げテープを貼る
  6. バイアステープで包む
  7. マニキュアを塗る

と、実は意外と多くあります。

これだけあるので、自分に合った方法が必ず見つかるはず!

この記事では

  • ロックミシンを持ってなくても出来る!端処理の方法7選
  • ロックミシンをなるべく安く手に入れる3つの方法

についてまとめています。

ロックミシンを持ってなくても出来る!端処理の方法7選

ジグザグ縫いをする

ほとんどの家庭用ミシンは、ジグザグ縫いができます。

ほつれやすい生地でなければ、これで十分代用可能なので試してみてください。

縫い代の端をジグザグ縫いするだけで完成なので、初心者さんでも簡単に仕上げることができます。

袋縫いをする

少し手間がかかりますが、ほつれやすい生地でもキレイに仕上がります。

この方法は手縫いでも出来ますので、下記の点に注意して縫ってみて下さい。

  • 裏表を間違えないこと
  • 縫い代を多めに取ること

①表を外にして重ね、出来上がり線より外側(下記画像の赤線)を縫います。

②生地を裏返し、出来上がり線を縫ったら完成です。

縫い代を割って折り込む

袋縫いと同じく少し手間がかかりますが、仕上がりはとてもキレイです。

手縫いでも出来ます。

ただし、表に縫い目が2本出てしまうので、表面に縫い目を出したくない場合はこの方法は避けてください。

①出来上がり線を縫います(下記画像の赤線)。

②縫い代をアイロンで割ります。

③縫い代の半分程度を裏側に折り込みます。

④端から1mm程度のミシンをかけたら完成です

ピンキングばさみでカット

ほつれやすい布でなければ、ピンキングばさみでカットする方法もおすすめです。

ただし、頻繁に洗濯をするものには向きません。

縫い代をこのハサミでカットするだけなので、誰でも簡単に端処理をすることができます。

裾上げテープを貼る

縫い代部分に裾上げテープを貼ることで、端処理をすることもできます。

アイロンで接着するだけなので、とても簡単です。

ただ、テープを貼ると布に厚みや硬さが出てしまうので、柔らかい生地や薄い生地には不向きです。

100均でも売っているので、気になる人は探してみてください。

バイアステープで包む

バイアステープで縫い代を包む方法は、手間はかかりますが仕上がりはとてもキレイです。

バイアステープは、縫うタイプのものとアイロンで接着するタイプのものがありますので、自分の好みで選んでください。

ちなみに、布を斜めに切ることでバイアステープを自作することもできます。

布をただ斜めに切るだけで完成するので、わざわざバイアステープを買うのがもったいないって人はぜひ自作してみてください。

マニキュアを塗る

縫い代の端にマニキュアを塗ることで、ほつれ止めの効果があります。

マニキュアが渇くまで待たなければならないのが難点ですが、手軽にできるので端処理に手間をかけたくない人におすすめです。

100均で売っているようなマニキュアで大丈夫。

また、ほつれ止め専用の「ピケ」というものもあります。

ネットショップで簡単に手に入るので、気になる人はチェックしてみてください。

created by Rinker
カワグチ(Kawaguchi)
¥600 (2024/06/23 02:09:40時点 Amazon調べ-詳細)

ロックミシンをなるべく安く手に入れる3つの方法

ロックミシンがなくても端処理はできますが、「やっぱりロックミシンが欲しい!」という人も中にはいるのではないでしょうか。

ただ、やはりネックなのが「価格」ですよね。

そこで、なるべく安く手に入れられる方法を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「ジモティー」で探す

「♪地元の掲示板、ジモティー」でお馴染みの「ジモティー」では、中古のロックミシンを安く手に入れることができます。

新品にこだわらない人にはおすすめです。

ただ、地元の人が出品しているかどうかは運次第なので、見つけられたらラッキーくらいに思っていた方が良いかもしれません。

メルカリなどのフリマサイトでもロックミシンは出品されています。ジモティーの方が送料がかからない分、多少価格が安い傾向にありますが、気になる人は一度チェックしてみてくださいね♪

「価格.com」で探す

新品にこだわりたい人は、「価格.com」で検索する方法がおすすめです。

ネットショップのどこで買うのがお得かが一目でわかるほか、ランキングや口コミなども見ることができるので、納得した上で購入することが出来ます。

「ミシン卸値っと」で探す

「ミシン卸値っと」は、ミシン卸問屋の通販サイトです。

品揃えが良いとは言えませんが、比較的安くミシンを手に入れることができるのでおすすめです。

定期的にSALEを実施したり、たまに掘り出し物もあったりするので、ぜひチェックしてみてください。

【まとめ】ロックミシンはあると便利だけど無くても大丈夫!

要点のまとめ

ロックミシンを使わなくても端処理をすることは可能。

その方法は

  1. ジグザグ縫い
  2. 袋縫いをする
  3. 縫い代を割って折り込む
  4. ピンキングばさみでカット
  5. 裾上げテープを貼る
  6. バイアステープで包む
  7. マニキュアを塗る

といったものがある。

「ロックミシンが無いから端処理が出来ない!」と悩んでいる人は、今回紹介した方法をぜひ実践してみてください。

-裁縫