出産・子育て

哺乳瓶拒否にはスパウトがおすすめ!メリットや練習方法を解説【人気スパウト5選も】

哺乳瓶拒否にはスパウトが良いって聞いたけど、本当に大丈夫なの?

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったり思うように飲んでくれなくなると、ママやパパは困ってしまいますよね。

哺乳瓶を近付けるだけでギャン泣きしたり、のけ反って全力で拒絶するような子もいるようで、かなり頭を悩ませているといった人もいるのではないでしょうか。

そこで私がおすすめしたいのが、哺乳瓶の代わりに「スパウト」を試す方法です。

実は、哺乳瓶拒否を経験した先輩ママパパからは「哺乳瓶はダメだったけどスパウトだと飲んでくれた」といった声も多くあって、スパウトは哺乳瓶拒否の対策として一定の効果が期待できるアイテムなんです!

とはいえ、中には「スパウトもダメ!」といった子も存在するので、そういった時のために哺乳瓶拒否の克服方法も後ほど紹介しますね♪

この記事では

  • 哺乳瓶拒否にスパウトがおすすめな理由
  • 哺乳瓶拒否の原因とは?
  • おすすめの人気スパウト5選【ストローマグやコップなども!】

についてまとめています。

「赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がってしまい困っている!」といった人は、ぜひ参考にしてみてください。

哺乳瓶拒否にスパウトがおすすめな理由

哺乳瓶拒否にスパウトを勧める理由は3つ

「哺乳瓶拒否にはスパウトが良いよ!」とだけ聞いても、「どういった点が良いのか」「本当に飲んでくれるのか」と疑問や不安を抱く人も少なくないですよね。

そこで、まずは「なぜスパウトをおすすめするのか」ですが、主にこのような理由があります。

  • 自分で持って傾けて飲むことができる
  • 乳首やおっぱい以外からの飲み方を自然と覚えることができる
  • 比較的安価で手に入る

①自分で持って傾けて飲むことができる

スパウトは、飲み口の先端に小さな穴が開いていて、マグを傾けることでそこから少しずつ中身が出てくる仕組みです。

そのため、自ら傾けて飲むことが可能!

両側に持ち手がついているので、哺乳瓶と同じような使い方が出来るといったメリットがあります。

けれど、それが何で「哺乳瓶拒否にスパウトがおすすめ」って結論になるの?

それは、赤ちゃんの好奇心を刺激しつつミルクを飲ませることが出来るからなんです♪

赤ちゃんは基本的に好奇心のかたまりなので、好奇心を刺激するアプローチをすることが大事になってきます。

「この吸い口は何だろう?」→「あれ、傾けたら何か出てきたぞ」→「そうか、傾けたらミルクが出てくるんだ」といったように、好奇心を刺激してあげることで嫌がらずにミルクを飲んでくれるようになるんです。

②乳首やおっぱい以外からの飲み方を自然と覚えることができる

赤ちゃんは、遅かれ早かれストロー飲みやコップ飲みを練習する日が訪れます。

いずれは卒乳もしなければいけませんよね。

ただこれが意外と大変で、なかなか哺乳瓶を卒業出来ないといった子も珍しくないんです。

けれど、早い段階からスパウトに慣れておけば、そこまで苦労せずにストローやコップで飲むことが出来るようになります。

ちなみに、ストロー飲みは1歳頃までに、コップ飲みは2歳頃までに出来ているのが理想です。コップ飲みの練習方法については、別の記事で詳しく紹介しているので合わせて読んでみてください♪

③比較的安価で手に入る

スパウトは、比較的安価で購入できるものが多いのが特徴

大体2,000円~4,000円程度で売られていて、中には蓋をスパウトマグからストローマグへと付け替えることのできるタイプもあります。

例えば「ピジョンのマグマグコロンセット」は、スパウト・ストロー・コップの3点がセットになって2,000円程度で手に入れることができるのでかなりお得ですよね♪

created by Rinker
ピジョン
¥2,218 (2024/06/25 16:32:34時点 Amazon調べ-詳細)

もしスパウトがお子さんに合わない場合でも、ストローやコップの蓋がセットになっていれば使い道はありそうです。

一方でデメリットをあげる人も…

スパウトにはメリットが多くありますが、その一方で

  • 吸えるようになるまで時間がかかる
  • 使用期間が短い

といったマイナス面をあげる人が一定数いるのも確か。

また「赤ちゃんが嫌がってほとんど使わなかった」といった声もあり、スパウトが合う合わないには個人差があるようです。

スパウトの練習方法

スパウトを使い始めるタイミングは、離乳食が始まる生後5ヶ月~6ヶ月頃が一般的です。

ただし、メーカーによっては3ヶ月頃から使えるものもあるので、購入時は対象年齢を確認するようにしてくださいね。

練習時は下記のポイントを参考に、離乳食と一緒に少しずつ使い始めてみましょう。

スパウトを使う時のポイント

  • 少量の水分から始める
  • 飲ませる時は、抱っこをしてあげるか傾けたベビーチェアなどに座らせる
  • 飲み方を覚えるまでは大人がお手本を見せてあげる
  • 無理強いしないように見守ってあげる

最初はなるべく馴染みのあるミルクから始めるのがベスト。

麦茶や白湯などでも問題はありませんが、赤ちゃんの好きなものの方が嫌がられるリスクは低くなります。

最初は上手に飲めなくて当たり前。慣れるまでは横から補助してあげながら、お子さんのペースで進めてあげてくださいね♪

哺乳瓶拒否の原因とは?

原因は赤ちゃんによってさまざま

赤ちゃんの哺乳瓶拒否にはさまざまな原因がありますが、主にこのような理由があげられます。

  • 哺乳瓶の乳首が合わない
  • ミルクの味が嫌い
  • ミルクの温度が熱い・冷たい
  • 抱っこの体勢が気に入らない

ただし、これもごく一部。

中には、私たちでは気づかないような些細な変化から哺乳瓶を嫌がってしまったり、そもそも原因がわからないといったケースもあります。

とはいえ、まずは出来ることからやってみましょう!

哺乳瓶の乳首を変えてみたり、ミルクの温度を高くor低くしてみたり、いろいろと試して原因を探ってみるのがおすすめです。

先輩ママから学ぶ!哺乳瓶拒否の克服方法

赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がってしまったとき、一体どう対処すれば良いのか。

先輩ママの経験談をいくつか紹介します。

  • 哺乳瓶の乳首を変える
  • ミルクの種類を変える
  • オーボールに飲み口を付けたもので遊ばせる
  • スパウトマグを使ってみる

哺乳瓶の乳首を変えました

先輩ママの声

用意した乳首では全然飲んでくれなかったので、ネットでいろいろと検索。

ピジョンの「母乳実感」という哺乳瓶が良いという口コミがあったので、試しに買って使ってみたところ、これが大成功!

ゴクゴクと音を立てて飲んでくれました。

メーカーによって哺乳瓶の形状はさまざまなので、一度別の物を使ってみるのもおすすめです。

哺乳瓶拒否は、実は哺乳瓶自体が原因なのかも⁉

ミルクの種類を変えました

先輩ママの声

口コミで評価の高かったミルクを買ってみたけど、息子は全力拒否。

最初は哺乳瓶に問題があるのかと思って乳首を変えてみたけど全然ダメ。

産院で飲んでいたミルクと違うからかな?と思って、産院と同じミルクを用意したらやっと飲んでくれました。

もう少し早めに気づければ良かった。

メーカーによってミルクの味も違うため、好き嫌いが分かれる場合もあります。

ちなみに私(筆者)の子もまさにこれで、いつもとは違うミルクを用意したら全力拒否されたことがありました…。

オーボールに飲み口を付けたもので遊ばせました

「哺乳瓶拒否に効果がある!」とSNSで話題の、オーボールに哺乳瓶の飲み口をくっつけて遊ばせる方法。

ウソみたいな克服方法ですが、これがかなり効果絶大なようで「哺乳瓶拒否が治った!」といった喜びの声が多くみられます。

スパウトマグを使ってみました

先輩ママの声

哺乳瓶拒否が始まったのがちょうど離乳食を始めようとしていた頃だったから、このタイミングでスパウトに挑戦。

初めは10ml飲むのがやっとで諦めそうになったけど、飲ませる姿勢を変えたり吸い口を温めてあげたりしたら自然と飲むようになってくれました。

初めはスパウトマグを嫌がる子も多いですが、諦めずに試行錯誤するのが大事!

ママもストレスを溜めないように、無理せずのんびり行きましょう♪

他にも…

克服方法には、他にも

  • 哺乳瓶で飲ませる人を変える
  • ミルクの温度や濃さを変える
  • ウトウトしているときにすり替えて飲ませる

といった方法もあるので、ぜひ試してみてくださいね♪

おすすめの人気スパウト5選【ストローマグやコップなども!】

スパウトはさまざまなメーカーから販売されていて、飲み口や持ち手など商品によって形状も異なります。

今回は、その中から特におすすめしたい5つを厳選して紹介しますので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

おすすめのスパウトはこれ!

  1. 【Pigeon(ピジョン)】マグマグスパウト
  2. 【Combi(コンビ)】テテオ マグスパウト
  3. 【Richell(リッチェル)】トライ ステップアップマグセット
  4. 【OXO tot(オクソートット)】グロウ・ハンドル付ソフトスパウトカップ
  5. 【NUK(ヌーク)】プレミアムチョイスラーナーボトル

①【Pigeon(ピジョン)】マグマグスパウト

赤ちゃんの「持ちやすさ、飲みやすさ」とママの「使いやすさ」を考えた、親子で楽しめるスパウトマグです。

飲み口は、乳首に近い太さ・形・やわらかさに設計され、クロスカットの吸い口で出る量を調節しやすいのが特徴。

4種類の飲み口がセットになったお得なマグセットのほか、3種類がセットになったものもあります。

対象年齢  生後3か月頃~  
容量200ml
重量約110g

②【Combi(コンビ)】テテオ マグスパウト

幅広タイプと細めタイプ2種類の吸い口が付いた、トレーニングの第一歩として使いやすいスパウトマグです。

飲み方の発達に合わせて無理なくトレーニングができます。

飲み物が漏れにくい差し込み型のキャップも魅力!

対象年齢  生後7か月頃~  
容量200ml
重量約100g

③【Richell(リッチェル)】トライ ステップアップマグセット

3つの吸い口×2つのボトルで、成長に合わせてカスタマイズできます。

自然な唇の動きを覚えられ、ストロー飲み、コップ飲みへのステップアップもスムーズにできるのが特徴。

シンプルな形状で、パーツが少なくお手入れが簡単かつ衛生的なのも嬉しいですね。

対象年齢  生後4か月頃~  
容量200ml
重量約100g

④【OXO tot(オクソートット)】グロウ・ハンドル付ソフトスパウトカップ

赤ちゃんの口にフィットするように作られたアーモンド型飲み口が特徴。

持ちやすいハンドルと可愛らしいフォルムが人気で、逆さまにしてもこぼれにくいのもポイントです。

口ではさむとスリットが開くようになっているため、月齢の小さい赤ちゃんでもスムーズに使うことができます

対象年齢  生後4か月頃~  
容量200ml
重量約100g

⑤【NUK(ヌーク)】プレミアムチョイスラーナーボトル

ドイツNo.1ブランド!可愛らしいフォルムとデザインが人気です。

ハンドルが握りやすく、自分で持って飲むことをサポート。

哺乳瓶と同じようなやわらかい飲み口で、赤ちゃんも戸惑わずに飲むことができます。

対象年齢  生後6か月頃~  
容量150ml
重量約90g

【まとめ】哺乳瓶拒否でも焦らず対応しましょう

要点のまとめ

スパウトには

  • 自分で持ち傾けて飲むことができる
  • 乳首やおっぱい以外からの飲み方を自然と覚えることができる
  • 比較的安価で手に入る

といったメリットがあり、哺乳瓶拒否の克服方法の一つとして取り入れることができます。

「赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がってしまい困っている」といった悩みは、スパウトを使うことで解決するかもしれません。

中にはスパウトが合わない赤ちゃんもいますが、当記事を参考に克服方法の一つとして購入を検討してみてはいかがでしょうか。

-出産・子育て