出産・子育て

ロンパースの下に肌着は必要?季節別おすすめの着せ方やママパパに人気のベビー服を紹介

ロンパースの下に肌着って着ないとダメ?

夏の暑い日なんかは特に、ロンパースの下は何も着ずに赤ちゃんには快適に過ごしてもらいたいですよね。

とはいえ、

  • 「肌着を着ないと肌トラブルが起きそう」
  • 「ロンパースの正しい着せ方がわからない」

というママパパは意外と多いのではないでしょうか。

結論を言うと

ロンパースの下に肌着は着せなくても大丈夫です。

そもそも、ロンパース自体が肌着と同じ位置づけなので、わざわざ肌着を着せる必要はありません。

じゃあ肌着ってどんな時に着せばいいの?それにロンパースっていまいち着せ方がわからないなぁ。

ロンパースといっても、半袖や長袖、ノースリーブ、足なし・足ありなど、種類はさまざま。

季節ごとの着せ方など、わからないことも多いですよね。

この記事では

  • ロンパースの下に肌着は必要?
  • 春夏秋冬!季節別ロンパースの着せ方
  • ロンパースはどこで買う?人気のお店やブランド4選

についてまとめています。

肌着の必要性や季節に合わせたロンパースの着せ方などを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ロンパースの下に肌着は必要?

ロンパースの下に肌着は着せなくてもOK

部屋着やお出かけ着など使うシーンも多様なロンパースですが、

基本的にはロンパースの下に肌着を着る必要はありません。

簡単に言うと、ロンパースは肌着と同じ位置づけなので、肌着は着なくても大丈夫なんです。

ただ、カバーオールをロンパースと表記していることも多く、全てのロンパースが肌着として売られているわけではありません。

「このロンパースには肌着は必要?」と迷ったときには、下記の3点を確認してみましょう。

  • 綿素材で作られている
  • 生地は比較的薄い
  • 足全体を覆うタイプではない

この3点に該当しているようであれば、基本的に肌着を着る必要はありません。

カバーオールの場合は肌着を着せるのがベスト

服1枚で過ごすことのできるロンパースと違い、カバーオールの場合は下に肌着を着る必要があります。

カバーオールは、足元までしっかり覆ってくれるタイプがほとんどで、特に冬場などはとても重宝されるベビー服です。

カバーオールは綿以外の素材で作られていることも多く、肌着などと比べると吸水性や通気性は劣ります。

そのため、カバーオールの下には

  • 短肌着
  • コンビ肌着
  • ロンパース肌着

などを着るようにしましょう。

赤ちゃんに肌着を着せる理由

肌着には、汗を吸って不快感を消してくれる他にも

  • 体温の調節をしてくれる
  • 「あせも」や「とびひ」など肌トラブルを予防する

といった効果があります。

そのため、「肌着が暑そうだから脱がせてあげよう」は逆効果。

赤ちゃんは自分で汗を処理することができないので、肌着は出来る限り着せてあげるのがベストです。

ロンパースとカバーオールの違い

そもそもロンパースとカバーオールの違いっていまいちわかりにくいですよね。

実際、私もこうして調べる前はその違いがわからずにいました…。

【ロンパースとカバーオールの違い】

ロンパースカバーオール
素材ほとんどが綿綿、ポリエステル、ナイロンなど
生地の厚み比較的薄い薄いものから厚いものまで様々
袖の形状半袖、長袖、ノースリーブ半袖、長袖
位置づけ肌着(洋服として使ってもOK)洋服
特徴・足を覆わないタイプが主流
・股下のスナップで留める
・前開きタイプと被るタイプがある
・1枚での着用が可能
・足全体を覆うタイプが主流
・股下のスナップで留める
・ほとんどが前開きタイプ
・肌着の上に着用する

調べたところ、ロンパースとカバーオールではこのような違いがありました。

ロンパースとカバーオールは特徴が少し被っているので、「ここが全然違う!」といった点はありません。

ただ、ロンパースの位置づけは「肌着」なので、カバーオールと比べると吸水性や通気性、速乾性などに優れています。

「ボディスーツ」って服もあるみたいだけど、これはロンパースと何が違うの?

ボディスーツもロンパースも、位置づけは「肌着」なので大きな違いはありませんが、ロンパースは肌着としても洋服としても着れるのに対して、ボディスーツは完全に肌着として着るのが一般的です

赤ちゃんのボディスーツ「足寒い問題」についてもまとめてますので、あわせて読んでみてください。

春夏秋冬!季節別ロンパースの着せ方

春と秋は半袖or長袖ロンパース肌着+薄手のカバーオールなど

春と秋は涼しく快適に過ごせる日が多いので、半袖や長袖のロンパース肌着に薄手のカバーオールなどを合わせるのがおすすめ。

暖かい陽気の場合は、長袖のロンパース1枚でも大丈夫です。

気温に合わせて脱いだり着たりできるベストがあると安心ですよ♪

created by Rinker
Anna Nicola(アンナニコラ)
¥1,650 (2024/02/16 14:51:29時点 Amazon調べ-詳細)

夏は半袖ロンパースのみでもOK

夏の暑い日は、半袖ロンパース1枚で過ごしても大丈夫です。

室内ではロンパース肌着、出かけるときはその上からレギンスやスカートを履かせているといったママパパも多くいます。

ただ、エアコンがしっかりと効いた室内ではロンパース1枚だと肌寒い場合も。

赤ちゃんの様子を見ながら、薄手のカバーオールやレギンスを着せたり、エアコンの温度を調節するなどしてみましょう

created by Rinker
BELLE MAISON(ベルメゾン)
¥690 (2024/02/16 14:51:29時点 Amazon調べ-詳細)

冬は長袖ロンパース肌着+厚手のカバーオールなど

冬の寒い日は、長袖のロンパース肌着に厚手のカバーオールなどを合わせるのがおすすめ。

外出時は、その上からコートやダウンなどを着るようにしましょう。

ただし、コートやダウンを着る場合は、厚手のカバーオールだと物によって赤ちゃんの動きを制限してしまうこともあります。

赤ちゃんが動きづらさを感じているようであれば、薄手のカバーオールに変えてみてください。

赤ちゃんの服装は、大人の着る服の量マイナス1が良いと言われています。「寒そうだから…」と着る量を増やす必要はありません。

ロンパース足なしの着せ方はレッグウォーマーや靴下の活用がおすすめ

ロンパースは足なしのデザインが多いですが、足元が寒そうだなと感じることありますよね。

そんなときは、レッグウォーマーや靴下を使うのがおすすめ。

タイツになると着脱が面倒ですが、レッグウォーマーや靴下であれば着脱も簡単で、程よく足元を温めることが出来ます。

冬に使えるニット地はもちろん、夏でも快適に使える綿素材のレッグウォーマーなどもあるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

ロンパースはどこで買う?人気のお店やブランド4選

断トツ人気!ロンパース肌着はユニクロがおすすめ

ロンパース肌着で断トツの人気を誇るのが、ユニクロベビー!

シンプルなものから柄物まで種類が豊富で、ディズニーやミッフィーなどその時期しか買えないデザインのものも人気です。

「ロンパースはユニクロでしか買わない」なんて人も結構多いみたいですよ♪

ユニクロでは、ロンパース肌着は「ボディスーツ」という名前で販売されています。

「可愛い」を求めるならMARLMARL(マールマール)

女の子を持つママやパパに大人気の「MARLMARL」!

丸いデザインが特徴的なスタイが有名ですが、可愛いロンパースもたくさんあります。

出産祝いのプレゼントにもおすすめです♪

コスパで選ぶなら西松屋がおすすめ

子供の服ってすぐにサイズアウトするし、出来る限り安く買えれば嬉しいですよね。

そんな時は、西松屋で揃えるのがおすすめ。

ロンパース肌着なら、1000円程度で2~3枚買うことが出来ます。

Amazonや楽天などで探すのもアリ

Amazonや楽天などの大手ネット通販サイトでは、さまざまな種類のロンパースを買うことができます。

セット売りになっているものが多く、まとめ買いにもおすすめです。

実際に買った人のレビューも確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

袴風やオシャレ着など、変わったロンパースもありますよ♪↓(下記のようなタイプのロンパースは肌着を着るのがおすすめです!)

【まとめ】この夏はロンパース1枚で快適に過ごしましょう♪

要点のまとめ

ロンパースの下に肌着は着せなくても大丈夫です。

そもそも、ロンパース自体が肌着と同じ位置づけなので、わざわざ肌着を着せる必要はありません。

ただし、カバーオールをロンパースと表記していることも多いため、肌着の有無がわからない場合は下記の3点をチェックしてみましょう。

  • 綿素材で作られている
  • 生地は比較的薄い
  • 足全体を覆うタイプではない

この3点に該当する場合は、基本的には肌着は必要ありません。

ロンパースを含め、肌着には汗を吸収してくれる他にも、体温調節や肌トラブル予防の効果があります。

とはいえ、汗で濡れた肌着を長時間着ていると逆に肌トラブルの原因にもなります。

汗をかいたら小まめに着替えさせることを心掛けましょう。

-出産・子育て