出産・子育て

バウンサーで離乳食を食べさせるのはよくない?デメリットやおすすめベビーチェア6選

バウンサーで離乳食を食べさせるのはよくないの?

バウンサーを食事の椅子として使っても良いものか気になりますよね。

  • 子供がバウンサーを気に入ってるからそのまま食事の椅子として使いたい
  • わざわざベビーチェアを買いたくない

などなど、理由はさまざまあると思います。

ただ、ちょっと待って!

バウンサーの種類によっては食事に向いていないものもあるので注意が必要です。

知らずにバウンサーで離乳食を食べさせていると、赤ちゃんが食事中にむせてしまったり喉を詰まらせてしまうことも…。

この機会に、食事に向いているバウンサーと不向きなバウンサーをきちんと確認しておきましょう。

この記事では

  • バウンサーで離乳食を食べさせるのはよくない?
  • 離乳食を食べる姿勢のポイント
  • 子供の食事におすすめ!人気のベビーチェア6選

についてまとめています。

離乳食を食べさせるのに最適なバウンサーやベビーチェアを確認し、赤ちゃんが食事に集中できるような環境を作ってあげましょう♪

バウンサーで離乳食を食べさせるのはよくない?

バウンサーによっては離乳食を食べさせない方が良いものもある

バウンサーの種類によっては、食事に向いていないものがあります。

バウンサーで離乳食を食べさせて良いか悪いか見分けるポイントは、バウンサーの揺れを抑えることが出来るかどうか。

食事中にバウンサーが揺れると、

  • 上手に口元に食事を運ぶことが出来ない
  • むせたり喉を詰まらせる可能性がある
  • 揺れで気持ち悪くなり吐き出してしまうことがある

といったデメリットがあるので、揺れが抑えられないバウンサーで離乳食を与えるのはあまりおすすめできません。

ただし、揺れを止めるストッパーが付いているものであれば、食事用の椅子として使っても問題ありません。

カトージのバウンサーは離乳食OK

基本的にバウンサーで離乳食を食べさせるのはあまりよくないですが、中には離乳食OKなバウンサーもあります。

離乳食OKなバウンサーは

  • カトージ(ベビーバウンサー NewYorkBaby)
  • ZOOBLY(ベビーチェア)

など

といったものがありますので、気になる人はチェックしてみてください。

created by Rinker
カトージ
¥1,710 (2024/06/22 22:42:38時点 Amazon調べ-詳細)

カトージのバウンサーは、前後にストッパーが付いているので揺れを止めることが可能です。

7段階のリクライニング機能が付いているので、食事の時はしっかりと背もたれを起こすことが出来ます。

カトージのバウンサーはレンタルすることも出来ますよ♪

ベビービョルンやリッチェルのバウンサーは離乳食には不向き

離乳食に不向きなバウンサーは以下のようなものがあります。

  • ベビービョルン(ベビーシッターバランス)
  • リッチェル(バウンシングシート)
  • SmartAngel/西松屋(ベビーバウンサー)

など

ベビービョルンのバウンサーは使っている人も多い人気アイテムですが、ストッパーなどで揺れを固定出来ないため残念ながら離乳食には不向きです。

バウンサーで食事をするのは、大人がロッキングチェアで食事をするのとほぼ同じような状態。

そう考えると、あまり食事に向いていないことがわかりますよね。

離乳食を食べる姿勢のポイント

ポイント①離乳食を開始するのは腰が座ってからでOK

そもそも離乳食は腰が座ってから始めるのが理想的です。

育児書などでは「5ヶ月から離乳食を始めましょう」と記載されていることが多いですが、これはあくまで目安なので必ずしも5ヶ月から始めなければいけないわけではありません。

赤ちゃんの様子を見ながら離乳食はスタートするようにしましょう。

けどいつ腰が座るかわからないし、そろそろ離乳食始めたいんだけどダメ?

お座りが不安定な場合は、抱きかかえた状態で食べさせてあげてもOK。

赤ちゃんの様子がしっかりと見れるように目と目を合わせて(対面で)食べさせてあげるようにしましょう。

ただし、いつまでも抱きかかえた状態で食べさせるのはあまり良くないので、お座り出来るようになったらきちんと食事用の椅子で食べさせてあげて下さいね。

ポイント②離乳食を寝かせた状態で食べさせるのはNG

離乳食初期では、体を起こす角度は45度くらい。離乳食中期以降の角度は90度がベストです。

寝かせた状態のまま離乳食を食べさせてしまうと、食材が上手く飲み込めずにむせてしまったり喉を詰まらせてしまう可能性があります。

必ず体は起こして食べさせてあげましょう。

赤ちゃんには食べさせてくれる人の顔が見えるようにするのがポイントですよ♪

ポイント③前傾姿勢が取れるように調整する

ベビーチェアに座らせてみたものの、なんだか不安定…。

そんな時は、背中にクッションやタオルを挟んで調整してあげましょう。

それだけでも姿勢がかなり安定しますよ。

正しい姿勢で食べさせないと、口やあごの筋肉にしっかりと力が入らず上手に噛むことが出来なかったり誤嚥もしやすくなります。

特に離乳食後期になると手づかみ食べが始まるので、前傾姿勢が取れるようにしてあげるのがポイントです。

子供の食事におすすめ!人気のベビーチェア6選

バウンサーで離乳食を与えるのも良いですが、この機会にベビーチェアに切り替えてみてはいかがでしょうか。

ベビーチェアには、主に「ハイチェア」「ローチェア」「テーブルチェア」の3種類があります。

人気の高いおすすめのベビーチェアを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

【ハイチェア】ビヨンドジュニア|ハイチェア

購入者の口コミ

  • 安定感が抜群で、子供が多少暴れてもぐらついたりずれたりしませんでした。
  • クッション部分とテーブルのカバーが外れて洗えるのでとても使い勝手がいいと思います!
  • 親と目線が合い、座り心地も良いのか、嫌がらず嬉しそうに座ってくれます。

安定感を評価する声が多数!組み立てが必要ですが、公式サイトでわかりやすい動画があるので女性一人でも組み立てることが出来そうですよ♪

【ハイチェア】アイリスプラザ|ハイチェア

購入者の口コミ

  • 軽すぎず重すぎず、子どもも抜け出すことも無く快適に使わせて頂いています。
  • コスパも良く、しっかりした作りだったので、購入して良かったです。
  • 成長にあわせて調整できるので長く使えそうです。

耐荷重50kgで長く使えてこの価格はコスパ最強!天然木製でナチュラルな風合いも人気です♪

【ローチェア】バンボ(Bumbo)|マルチシート

購入者の口コミ

  • マルチシートがあれば、お遊びもご飯タイムもこれひとつでオッケー!大人しく座っていてくれるので大助かりです。
  • テーブル付きだしベルトもついてて安全。大人用の椅子にも付けれるように別ベルトが着いてるのも良かったです!
  • とても安定していて且つテーブルがサッ!とつけられます!

バンボのマルチシートはローチェアとして使えるのはもちろん、大人用の椅子に固定することも出来るのでとても便利ですよ♪

【ローチェア】yamatoya|木製ローチェア

購入者の口コミ

  • 少し重いですが、安定感があってしっかりした椅子です。
  • 実家へ帰省する際には折り畳めるので、コンパクトカーでも気軽に運べます!
  • 折り畳めるので場所もとらなくて便利です。すこーし重さはあるけど、それだけしっかりしてる作りかなと思います。

重さを指摘する声が多いですが、その分安定感があるので高評価。コンパクトに折り畳める点も嬉しいポイントです♪

【テーブルチェア】イングリッシーナ(Inglesina)|テーブルチェア

created by Rinker
Inglesina
¥11,000 (2024/06/22 18:55:11時点 Amazon調べ-詳細)

購入者の口コミ

  • 机に引っ掛けるような感覚なので、グラつくんだろうな、と思っていましたがそんなことはない。しっかりとかみあわさって全く動かない。
  • 離乳食開始に合わせて購入しましたが、おすわりも安定していて、使いやすさもとても満足です!
  • 簡単にセット出来てとても使いやすいです。骨組みも頑丈で安定感もバッチリ。

我が家もイングリッシーナのテーブルチェアを愛用!グラグラすることなく安定しているし、ベルトでしっかり固定もできるので脱出される心配がなく安心して使えますよ♪

「赤ちゃん用テーブルチェアは危ない」はウソ!メリットやデメリットについてまとめています。

【テーブルチェア】SmartAngel(西松屋)|テーブルチェア

SmartAngel)テーブルチェア(グレイネイビースター)[ベビー ベビーチェア 折りたたみ チェア 椅子 いす イス ベビーチェアー 携帯用椅子 こども椅子]

購入者の口コミ

  • 簡単に取り付けられます。自宅で洗濯できるし値段格安で助かります。テーブルチェアで部屋が明るくなります。
  • しっかりと安定していて簡単に装着できるので買ってよかったです。ただ机の上にあがったりとじっとしないので使用回数少ないですが...また落ち着いたら使用したいです。
  •  外出用に購入しました。安いけど安定感もあるので満足しています。

我が家はお出かけ用のセカンドチェアとして使ってます!安定感もあるし取り付けも簡単なのでおすすめですよ♪

【まとめ】揺れを抑えることの出来るバウンサーで離乳食は与えましょう

要点のまとめ

揺れを抑えることの出来ないバウンサーは、離乳食を食べさせるのに不向きです。

揺れるバウンサーで食事をさせると

  • 上手に口元に食事を運ぶことが出来ない
  • むせたり喉を詰まらせる可能性がある
  • 揺れで気持ち悪くなり吐き出してしまうことがある

といったリスクがあるので、あまりおすすめできません。

離乳食を食べさせる際は、揺れを固定できるバウンサーかベビーチェアを使うようにしましょう。

離乳食を食べさせているとどうしても周囲が汚れるため、バウンサーもかなり汚くなってしまいます。

その都度洗濯するのも大変なので、出来れば離乳食が始まるタイミングでベビーチェアを用意するのがおすすめです。

-出産・子育て